環境保護の規制とその対策としてのROHS分析

各企業で行われている環境保護への取り組み

現在、世界各国で環境問題への対策が必須となっています。法規制も進んでいますが企業の社会的責任の増大により自主的な取り組みも求められてきました。中でもリサイクルや温暖化対策は有名ですね。実はそれ以外にも各社で対応している取り組みはあるのです。

各企業の環境保護対策とリサイクルに必要なROHS分析

白衣の人

なぜ企業が環境対策をするのか

国家が主体ではなくなぜ企業が自ら環境対策をするのか。先進諸国では、豊かさを求めるため各地で工業化を推し進めてきました。結果、大気や河などが汚染され、その地域に住む住人の健康に影響を与えたことでこのような公害が社会問題になったのです。その面とは別に、国からの規制も増えてきたため、企業間で環境を含めた企業経営が重視されていきました。

環境保護からみる企業のメリット

直接的な利益になるとは思えない環境対策ですが、今では各企業が注力しています。実は環境対策に取り組むことでメリットがあると考えられているのです。近年の啓蒙活動により消費者は環境問題に関心をもっています。つまり環境にやさしいという点は製品がヒットする要因の一つとなっているのです。環境対策に取り組むことでそれがそのまま企業イメージのアップにつながり多大なPR効果をもたらすといえるでしょう。

社会で進められている環境保護ランキング

no.1

地球温暖化を防ぐ【CO2削減】

環境保護でいちばん有名なのがこの地球温暖化を防ぐ「二酸化炭素の排出削減」ではないでしょうか。京都議定書などで各国が独自目標を掲げています。それにならって各社でもCO2の削減努力をしているのです。自動車業界ではエコカーへの移行が進んでいますが、それだけではなく製造工場でもCO2の削減をすすめています。

no.2

モノを無駄にしないリサイクル

いま日本では循環型社会の実現にむけて取組をはじめてます。大量生産、消費、廃棄といったたくさんのモノから成り立っている社会の仕組みを変えて、あるものを再利用し環境への負荷をできるかぎり抑える社会への転換です。こちらは官民一体で3R(リデュース・リュース・リサイクル)推進活動をすすめ各種啓発活動をすすめています。

no.3

人と自然が共にいきる社会を目指す自然保護

大量消費社会によって世界の森林の減少は進んでおり、多様な生物の生息圏が失われています。そうした点から、会社ごとに環境保護の一環として環境教育や会社・工場周辺の環境保全をすすめています。すぐに利益になりませんが、未来へむけた大事な活動だといえます。

環境保護のため設けられた各規制とは

会社ごとに対応している環境対策ですが、さらに各国での厳しい規制も存在します。とくにEUでは、初期より環境対策をすすめていて、輸入品にもさまざまな規制があります。有名なのが化学物質の含有量を規定したROHS指令です。対応する企業は独自にROHS分析を行い、品質保全を行わければなりません。

[PR]

ROHS分析は専門業者に依頼しよう
質の高い検査を行なってくれる

BEMSシステムを導入しよう
会社の電気コスト削減にピッタリ☆