実際のROHS分析のそれぞれの価格と注意点とは

ROHS分析で行う分析ごとの価格【忘れてはいけないポイント】

実際のROHS分析のそれぞれの価格と注意点とは

レディ

各種機関が行っているROHS分析

規制から時間が経ち、国内でも対応する分析機関が増えてきています。それぞれ違いがあり、どの機関が良いとは一概にはいえません。調査を依頼する会社によって欲しいデータは変わりますし、機関によっても調べる基準が異なってきます。どの分析結果が必要なのか、どこまでのデータがほしいのか、よく吟味して調査を依頼しましょう。

分析対象によって異なる調査価格

ROHS分析を行うとき、やはり少しでも予算を抑えたいというのが本音ではないでしょうか。価格はだいぶばらついていますが、各化学物質を平均して五千円から一万円までの範囲になっています。例外的に臭素系の分析は高額になっているので注意してください。機関によってはお得なセットプランも提供していますのでインターネットなどで確認しましょう。

見積もりを出す際にやっておきたい注意点

はじめてROHS分析をする時には気づきにくいのですが、大事なポイントがあります。それは検査結果の用紙サンプルを見せてもらうことです。企業によってデータの表記が違うため、見辛かったり、含有率の表記が変わることがあるので最初に確認しましょう。そして定性分析である蛍光X線分析は、ROHS分析の皮切りとなりますが、それだけでは本当に正確な含有量は測定できません。最初から化学物質を含んでいそうな部品に関しては、最初から精密分析を依頼するのもコストを抑えるコツとなります。

一社だけに絞らずいろいろな機関で調査依頼を

「製品に化学物質は含まれていないはずだが証明がほしい」そんなときは安価でできる蛍光X線分析を選択し、「怪しいのでしっかりと確認したい」のであれば精密分析を依頼しましょう。つまり自社が望んでいる結果とマッチングした調査方法を選ぶのが重要になります。その際もサンプルを幾つかに分け数社に依頼するなどし、良い検査機関を見つけましょう。