RoHS分析がなぜ必要なのかざっくり解説

RoHS分析の意義とその来歴【各国の環境保護】

RoHS分析がなぜ必要なのかざっくり解説

試験管

RoHS分析ができた背景

EUでは2006年7月からRoHS指令が施工されました。EU圏に工業製品などを出荷するためには、このRoHSの規制に対応しなければなりません。そもそもEUでは、環境保護の観点からリサイクルの規制が多くあります。その前段階として工業製品なども有害物質などを含まないようにし、リサイクルしやすい体制への配慮が必要になってきました。

EUでのRoHS指令の行く先

そもそもこのRoHS指令は「アジェンダ21」というプログラムを元に発令されています。環境に配慮した様々な施策を含んでいるため、他にも重要な規制はとても多いのです。そしてそのプログラムは2020年までに完了を目指すことになっています。期限までもう間もなくですが、それまで規制は続きますのでEUへ輸出を検討する場合、注意しましょう。

国内でのRoHS分析への対応

EU圏での規制ではありますが、日本国内も無関係ではいられません。当然輸出する際にはこの規定をクリアしなければならないのです。施策から時間がたっていますので、各分析メーカーもそれぞれノウハウを蓄積しています。例えば少量のサンプルでも分析可能なメーカーもあります。分析を依頼する際は輸出製品を考えて、よく比較検討してより良い業者を選びましょう。

世界各国での環境への配慮

実はEUだけでなく、中国でも同じような規制があります。内容はRoHS指令とは細部で変わっているところはありますが、基本的には規制される物質があるのは変わりません。環境への配慮は世界的な流れですので、各国で同じような規制は行われています。特にアメリカでは州ごとへの規制になりますので、それぞれに対して基準をクリアしなければなりません。神経質なくらいしっかりとした対策が必要になるといえるでしょう。